旧二十円金貨 近代金貨の王様

旧20円金貨

ヤフオクに出品された旧二十円金貨が2020年4月19日に約200万円で落札された。入札者数が184件にも上りました。金相場が最近ずっと上がっています。本稿の時点で買い取りが6401円、販売が6510円となっており、上がっていますね。この商品の重さが33.33グラムなので、単純計算で21万円となります。このことからも旧20円金貨の価値がいかに高いかわかると思います。それでは、この金貨がなぜ高いか説明します。旧二十円金貨は、明治3年~明治25年の間に発行され、素材は、金9:銅1の割合で作られていました。重さは33.33g、サイズは35.06㎜なのでいまでも珍しいです。特に、明治10以後の発行量が少ないので、愛好家たちの間に重宝されています。「日本近代金貨の王様」と呼ばれている旧20円金貨をぜひ手に入れたいですね。i-img1198x898-1586966405hrxg5d484023[1]
出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r395290400

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。